ちんちん チンコ 大きくする でかくする

ちんちんは大人になっても大きくなります!

ちんちんが小さくてめちゃくちゃ恥ずかしい!!

 

あなたもこういう経験をしたことがありませんか?

 

僕は大人になってから、ずっと自分のちんちんの大きさに悩んでいました。お風呂に入れば「なんでこんなに小さいんだろう」と思うし、温泉で裸になるのも恥ずかしい。

 

勃起しても全然大きくならないから、彼女とのセックスのときも絶対に驚かれます。彼女は何もいいませんが、全然感じてくれないし、自分も情けないという思いからすぐに萎えてしまいます。

 

あなたもこういったコンプレックスを持っていませんか?

 

ちんちんは、男性ホルモンが活発になる13歳〜18歳くらいの間に大きくなります。亀頭の皮がむけはじめるのもこの時期だし、ちんちんが太く大きくなるのもこの時期です。

 

ですが、僕のように思ったようにちんちんが大きくならない人もいます。小学生のままのような、ポークビッツのような小さいちんちんのままです。

 

でも、諦めないでください!
大人になってからでもちんちんは大きくなります!

 

このサイトでは、ちんちんが大きくならない原因と、大人になってからでもちんちんを大きくする3つの方法をご紹介します。当サイト管理人である僕が実際にちんちんを大きくした方法です。個人的な体験談ではありますが、ちんちんを大きくした実績としてぜひご参考にしてみてください。

 

ちんちんを大きくする方法をすぐに見たい方はコチラ

ちんちんが大きくならない原因

ちんちんが小さい原因(大きく育たない原因)はいくつかあります。

 

体質

 

ちんちんが小さい一番の原因は体質です。

 

体質というと

 

大人になってからだと大きくならないんじゃないの?
生まれつき決まってるの?

 

と思うかもしれませんが、それは違います。

 

体質は遺伝ではありません。

 

体質を正確に言うと「ちんちんが大きくなるために必要な栄養素(成分)を体の中でうまく生成できない体質」ということです。

 

つまり、ちんちんの成長に必要な成分を上手に補ってやることでちんちんは大きくなります。

 

包茎

 

包茎だとちんちんのサイズは小さくなります。

 

包茎とは、亀頭にちんちんの皮(包皮)がかぶっている状態のことです。

 

包茎にも種類があります。

 

  • 仮性包茎:平常時は亀頭が半分くらい出ていて、勃起時は完全にむける状態
  • 真性包茎:平常時も勃起時も皮がかぶってむけない状態

 

包茎だと必ずちんちんが小さくなるわけではありません。軽度の仮性包茎レベルなら成長にあまり影響を与えません。

 

ですが、皮が半分以上亀頭にかぶっている仮性包茎や、完全にかぶっている真性包茎の場合は、包皮が亀頭の成長を抑えてしまい、ちんこの成長を妨げてしまいます。

 

このケースでは、包茎を治すことでちんちんが大きくなることがあります。

 

太っている(筋力不足)

 

ちんちんは、海綿体細胞という細胞と、下腹部からつながる筋肉で構成されています。

 

太っていたり、下腹部の筋力が極端に弱い人は、筋肉による太さ・力強さが足りず、ちんちんが小さくなる傾向にあります。

 

筋力不足が原因の場合は、下腹部からつながる筋力を強化することでちんちんは大きくなります。特に勃起時のちんちん力強さ・大きさは筋力を強化することで変化することが多いです。

ちんちんを大きくする3つの方法

ちんちんは大人になってからでも自分で大きくすることができます。

 

これから、僕が試して実際に大きくなった方法をご紹介します。

 

毎日継続すれば必ず成果がでる方法なので、ぜひできることから試してみてください。

 

チントレ(チンコトレーニング)

 

まずはチンコをトレーニングで大きくする方法。通称「チントレ」です。

 

ちんちんが、下腹部からつながる筋肉と、海綿体細胞という細胞で構成されていることは上記でも少し触れました。

 

背の高さ(身長)は「骨」の長さで決まります。そのため成長期を過ぎて骨の成長が止まってしまうと、大人になってからではそれ以上背は伸びません。

 

でも、筋肉と細胞は違います。

 

筋トレして筋肉が肥大すれば腕が太くなるように、食べすぎて細胞が大きくなれば太るように、ちんちんの筋肉と細胞も大人になってからでも大きくなります。

 

チントレは、下腹部からつながる筋肉を肥大させてちんちんのサイズを大きくする方法です。

 

チントレを毎日続けることで

 

  • ちんちん(陰茎)が太く力強くなる
  • 勃起のときの力強さと硬さがアップする

 

といった効果が期待できます。

 

チントレの具体的な方法については以下のページで詳しくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。

 

チントレ(チンコトレーニング)の具体的なやり方

 

包茎矯正グッズを使う

 

これは、仮性包茎の人に効果のある方法です。

 

ちんちんのサイズが包茎のために小さくなっていることは上記の原因のところでご紹介しました。

 

包茎矯正グッズは、その名のとおり矯正を治すグッズです。

 

ちんちんの皮の口の部分に専用の小さいリングをはめることで、強制的に皮をむいて包茎を治します。亀頭が敏感な状態を治すためのグッズとしても使われます。

 

サイズは小さいのでつけていてもそれほど気にはなりません。

 

常に皮をむいておくことで、亀頭の成長を促してちんちんを大きくするというものです。

 

僕も最初のころに使っていました。

 

結果としてちんちんが大きくなったのですが、次で説明する「ペニス増大サプリ」と「チントレ」の効果の方が大きいような気がしています。ただ実際に使っていたから全く効果がないとも言い切れませんので、ご紹介します。

 

特に仮性包茎で悩んでいるなら、仮性包茎を治すためにも合わせて使ってみるのもいいでしょう。

 

▼仮性包茎を自分で治す矯正グッズはコチラ▼

 

ペニス増大サプリを使う

 

市販のペニス増大サプリ(精力剤)を使う方法です。

 

volstar_01

 

振り返ると、ちんちんを大きくするために「ペニス増大サプリ」が一番効果があると思っています。それは飲んだ次の日からちんちんに変化を感じられたし、実際にちんちんが大きくなったからです。

 

ペニス増大サプリとは、文字通り「ちんちんを大きくするためのサプリメント」です。

 

ちんちんを大きくするために欠かせない「シトルリン」と「アルギニン」が配合されています。

 

  • シトルリン:ちんちんの血流を増大させてちんこを太く大きくする
  • アルギニン:ちんちんの成長に必要な成分。精力アップ効果もある

 

海綿体細胞は、流れる血液の量(血流の勢い)で大きさを変化させる特殊な細胞です。勃起するときは、ちんちんがビクビクッ!っと脈打ってますよね。

 

平常時のちんちんのサイズも血流が重要です。血行がよくなることで平常時のちんちんも大きくなります。

 

また、アルギニンはちんちんそのものの成長を促す成分です。合わせて精力アップ効果もあるので、セックスのときの盛り上がり・活力・勃起の持続力などもアップします。

おすすめのペニス増大サプリ

僕が飲んでいた増大サプリは「ヴォルスタービヨンド(Volstar Beyond)」という商品です。

 

volstar_02

 

ヴォルスタービヨンドを飲んだ効果は以下のような感じです。

 

  • 飲んだ次の日から変化を感じる
  • 2ヶ月、3ヶ月飲むことで確実に大きくなる
  • 今までにないセックスを体験できる

 

飲んだ次の日から変化を感じる

 

ヴォルスタービヨンドを飲んだ次の日から、ちんちんに変化を実感します。

 

朝起きたときから、ちんちんが太く熱をもったような状態。
血流がアップして、平常時のマックスサイズが朝から続くような感じです。

 

本当に飲んだ次の日から変わるので、この効果には自分自身驚きました。

 

2ヶ月、3ヶ月飲むことで確実に大きくなる

 

増大サプリは、飲んですぐサイズが大きくなるわけではありません。
ちんちんの成長に必要な成分が配合されているので、継続して飲むことで徐々に大きくなります。

 

ヴォルスタービヨンドを飲んで、2ヶ月、3ヶ月経つうちに、平常時のサイズも勃起時のサイズも徐々に変化がでてきます。情けないちょこんとしたサイズから、なんとなく男らしい太さと大きさがでてきます。

 

実際にちんちんのサイズを正確に測ると、それまで「平常時:4cm、勃起時:8cm」という極小サイズだったのが、最終的に半年後には「平常時:7cm、勃起時:12cm」まで大きくなりました。

 

日本人の平均サイズから比べると、まだ若干小さいのですが、それでも十分なサイズです。
見た目の小さいという印象もないし、仮性包茎も少し改善しました。亀頭が大きくなったからですね。

 

また、勃起した時の硬さと太さがハンパないので、女性とのセックスも激変しました。
お互い今まで味わったことのないような快感で、大満足のセックスです。

 

ちんちんを大きくする方法としては、今回ご紹介した3つの方法が効果的です。

 

特に僕の場合は、チントレと増大サプリが大いに役に立ちました。

 

増大サプリは毎日飲み続けることで徐々に変化が現れてきます。
半年後に太く大きくなるちんちんを想像して、毎日続けてみてください!

 

▼僕のちんちんを大きくしたヴォルスタービヨンドはコチラ▼
volstar_03

 

【豆知識】日本人のちんちんの平均サイズ

さて、ここからはちょっとした豆知識です。

 

日本人のちんちんの平均サイズって知ってますか?

 

実はちんちんの平均サイズについては、ちゃんとした研究結果があって、平常時:8cm、勃起時:12.5cmという報告があります。

 

国際機関が発表した平均サイズ

 

泌尿器科の国際機関である「BJUインターナショナル」という機関が、2015年の専門誌で以下のように報告しています。

 


世界の17〜91歳の男性1万5521人を対象にした20あまりのペニスサイズ調査を分析し、平均値は通常時で長さ9.16cm、外周9.31cm。勃起時はおおよそ1.5倍の長さ13.12cm、外周11.66cm。
(中略)
日本と世界を比較したとき、長さについてはそれほどの差異はみられず、通常時は8cm、勃起時は12.5cmとなっている。

 

出典:BJU International

 

つまり、ちんちんが平常時で8cm以下、勃起時で12.5cm以下なら、平均サイズよりも小さいということになります。

 

あなたのちんちんのサイズはどうですか?

 

実際に小さいと感じるちんちんのサイズ

 

国際機関が発表した平均サイズは、正直大きいサイズな気がします。
もちろん平均なので、その付近がたくさんいるということなのですが、平均以下である平常時7cm、勃起時11cmでも小さいとは感じません。

 

実際に見た目として小さいと感じるサイズは、平常時6cm以下、勃起時10cm以下です。

 

このサイズだと、見た目「小さい」と感じます。包茎にもなりやすいし、女性もセックスでは満足できないサイズです。

 

ちなみに上記でも触れましたが、大きくなる前の僕のちんちんのサイズは平常時:4cm、勃起時:8cmという超極小サイズでした。

 

温泉とかプールに行くのが本当に恥ずかしかったです。このサイズになると、ちんちんが陰毛に隠れてしまって全く見えないですから。しかも、セックスで女性が全く感じてくれません。僕自身「情けない」という思いから、すぐに萎えてしまって、全然満足いくセックスができませんでした。

 

ただ、今は違います。

 

上記でもご紹介したとおり、平常時で7cm、勃起時も12cmという満足いくサイズになりました。女性とのセックスも激的に変わりました。

 

ちんちんのサイズで悩んでいるのなら、ぜひ今回ご紹介した大きくなる方法を試してみてください。
全部自分でできる方法なので、試しやすいですよ!!

 

ちんちんを大きくする方法をもう一度見てみる